癖のある職員の対応方法

こんにちはこじです👍
58回目になりました。

皆さんの職場で癖があり自分勝手に
仕事をしてしまっている職員は
いますか?

長いこと介護の仕事に携わっていると
癖のある職員が1人や2人いても
不思議ではないですよね

ここでは一癖ある職員の対応方法を
紹介します。
参考にして頂けると幸いです。

目次
経験が長いベテラン職員
注意しても直らない職員
・挨拶をしない職員
・まとめ

■経験が長いベテラン職員

Q1
複数の他事業所での経験が長いベテラン職員
が今の介護事業所のやり方に合わせてくれません

経験が長いベテラン職員さんはもっと効率の上がる
方法を今の職場に生かしたいと思っています。
しかし
何でもかんでも自分勝手に仕事をしてしまいますと
チームワークが崩れてしまいますよね


そんな時は
「まずはここでのやり方を3か月実践していただき
改善することがあった場合は3か月後に言ってください」
と事前に言うことで今の事業所のやり方に合わせてくれます
ここを怠ると、好き勝手がまかり通ってしまいますので
注意してくださいね。


3か月後にベテラン職員さんに聞いて業務改善の
ことを聞いて役立てると上手くいきますよ

 

■注意しても直らない職員

Q2
注意や指導しても自分に都合よく解釈してしまい
改善に至らない職員の対応に困っています

 

何でも自分に都合がよく受け止めてしまい
周りのことを考えていなく働いてしまっていると
思われます。


こういう人に対してはストレートに伝えてしまうことです
「厳しい言い方だけど」

「正直に言いますね」
話す前にこの言葉を入れてから注意をしてみましょう

 

注意や指導を聞き流す傾向のある人は
「なんで注意されているか分かりますか?」
と聞いてみましょう。
分からないのならヒントを与えて一緒に注意されている
ことを考えあげることで


「注意されていることに気が付きます」
注意した後に改善できた場合は
労いの言葉をかけてあげることを忘れないで
くださいね

 

■挨拶をしない職員

Q3
挨拶をしない職員はどうすればいいですか?

 

職員同士・利用者さんへの挨拶・業者さんへの挨拶
「おはようございます」
「お疲れ様です」
「こんにちは」

「ありがとうございます」


この言葉をどの職員にも
徹底させることです。
挨拶をしない人はどこかで人間関係につまづいて
しまいますから、イライラした時でも
必ず挨拶をするように教育してくださいね

職場で価値観が違って喧嘩になったとしても
就業開始時の
「おはようございます」


就業終了時の
「お疲れ様です」


この2つの言葉を気持ちよく挨拶できるだけで
自宅まで仕事のことをあまり考えなく
気分よく出勤できますよ

■まとめ

・経験が長いベテラン職員
・注意しても直らない職員
・挨拶をしない職員

基本的なことを今回書いていきましたが
できていない職員が多いのも事実です
もう一度原点に戻ってみてくださいね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です