介護の仕事を穏便に行くには!?

こんにちはこじです👍

57回目になりました。

仕事をしているとちょっとしたことで

イライラしてしまいますよね

今回も質問形式にして答えていきます

参考にされると幸いです。


目次

・雑用業務

・利用者さんからのクレーム対応

・上司の指導の話が長い

・看護師から見下されている

・まとめ


■雑用業務

O1

介護業務以外の雑務を手伝ってくれるのは

いつも決まった職員で協力的でない職員がいます

どうしたらいいですか?


介護現場は忙しく、雑用業務まで手が回らなくなり

ついつい同じ人が雑用や裏方業務もしていることが

多いですよね。仕事できている以上、「雑用業務」も

介護をする上で立派な仕事です。

当番制にしてみるといいかもしれません。

また本人が「どうしてもやりたい」と言ってきた時は

自主性にまかせましょう。


私の現場では物品補充を手が空いている時にスタッフが

補充しています。夜勤時に、「オムツがない」となるのが

困るので、「私が率先して物品補充をしています」

周りには求めていない理由は、自分の夜勤前に補充すると

丁度ユニット内の在庫管理がうまくいくからです。

あまりに求めすぎてしまうとストレスになって

しまうことのも理由の1つです


物品発注は交代制でやっています。

1人の人しか物品を発注しないと在庫管理・発注管理の

仕事を覚えることができなく・コスト意識が身に付かない

からです。


■利用者さんからのクレーム対応


Q2

利用者さんからのクレームをトラブルに発展させない

ためには、どのような対応を心掛けるべきか?


人間誰しも苦情の1つや2つはあります。

自分自身の日常生活に置き換えてみると

コンビニ・スーパー・ホテル等で

苦情の1つや2つは言った経験がありますよね


利用者さんからの苦情は、反論したり否定したりせず

メモをとり傾聴してください

時系列で経緯を確認し、問題はなにかを整理し

解決策を具体的に提案するようにしましょう


■上司の指導の話が長い


Q3

急いでいるのに上司の指導の話が長くて

困っています。どうしたらいいですか?


上司は部下に教えたくて必死になっている可能性が

あります。急を要する時は上司に

「今は忙しいので後からでいいですか?」と

きっぱりと話してしまいましょう。

現場経験がない上司は介護現場の忙しさを知らない場合

があります。転倒・転落事故など命に関わることは

利用者さん中心の介護をしましょう。


私の現場ではベテランパート職員(70歳)が

話と指導が長いです。熱心なことはいいですが

あまりに話が長いと業務に差し支えてしまいます

私は手を動かしながら忙しそうに聞いています

ある程度聞いてしまってから

「利用者さんの排泄がある・食事介助がある」などと

話してから、その場から離れます。

年配の方は話が長くなる傾向があるので、要点を聞いて

から、その場から離れることにしています。

そして、業務が落ち着いてから後からまた

話を聞きに行っていますよ


■看護師から見下されている


Q4

いつも看護師から見下されている気がします

介護職員よりも看護師の方が偉いのですか?


答えは簡単で、看護職員と介護職員の仕事の役割が

違うだけで、看護職員が偉いわけではありません。

しかし、世の中勘違いした看護職員がたくさんいます

看護師がプライドを持つことはいいですが

過剰なプライドを持ってしまうと介護職員を馬鹿に

している看護師を何人か見てきました

そんな人とはあまり関わらずに連絡・報告・相談ぐらいに

しておきましょう。

自分の知識や経験を積んだ方がよっぽど

有意義に仕事ができますよ


■まとめ


・雑用業務

・利用者さんからのクレーム対応

・上司の指導の話が長い

・看護師から見下されている

4つの質問に答えていきました。

このような記事を何回か書いていきます

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

質問に答えてみた

次の記事

癖のある職員の対応方法