介護福祉士を復習するメリット・デメリット

こんにちはこじです👍

ここ数日ブログを書くのをストップしていました

やる気と疲れからです。

まあいい訳です(笑)


皆さんは介護福祉士を取得してから再度勉強していますか?

私は介護福祉士を取得してから一切勉強してこなくて

またテキストを購入して勉強しています。

では皆さんに質問します

ラポールとは?自己覚知とは?

ググらないで分かりましたか

ラポール→信頼関係。

自己覚知→自分の価値観や思考を客観的に知ることで、じぶんは

このような人間なのだと理解すること。


どちらも専門用語で難しく感じられますが、介護をする上で

とても重要だと思っています。

それでは介護福祉士を復習する

メリット・デメリットを紹介します。


目次

・介護福祉士を復習するメリット

・介護福祉士を復習するデメリット

・まとめ


■介護福祉士を勉強するメリット

介護福祉士の筆記試験の科目

  • 人間の尊厳と自立・介護の基本
  • 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技法
  • 社会の理解
  • 生活支援技術
  • 介護過程
  • 発達と老化の理解
  • 認知症の理解
  • 障害の理解
  • こころとからだのしくみ
  • 医療的ケア
  • 総合問題

11科目があり私が介護福祉士を取得した時よりも

問題数が増えました(約10年前に介護福祉士取得)


介護福祉士の復習をする時に私がおすすめしたいことは

インプットしたことをアウトプットすることです。

テキストを読むだけではアウトプットはできないです。

介護福祉士のテキストには私たちが日常生活で活用することも

記載されています。

・出産手当金・・・勤務先の健康保険から標準報酬日額に3分の2を支給

・介護休暇制度・・・家族の通院の付き添いや買い物などのために取る

休暇。半日(所定労働時間の2分の1)単位で休暇の取得が可能

この2点を知っているか知っていないかで申請をすることができなくて

後から後悔する人もいるかもしれませんね。


私の場合は、1日2ページ読んでSNSでシェアして自分なりの

コメントを載せています。

返信がきた時に考え方が違っても参考にさせてもらっています。

また介護の仕方・病気の知識は介護現場では必須なので再度勉強すること

で役立つと思っています。


■介護福祉士の復習をするデメリット


・お金

勉強したところで給与に反映されないことですね

お金を重視している人にとっては

「勉強したところで給料があがるわけではない」

と論破されてしまいますね。

介護の仕事をしている人はすぐに分かると思いますが

介護職員として一生懸命に働いても給料があまり

変わらないのが現実です。ここが一番の問題だと思っています

少し愚痴になってしまいました( ´∀` )


・時間

介護福祉士の勉強をがっつりしてしまいますと

他のことができなくなってしまいます。

私の場合は1日に2ページ読んでSNSでシェアしているだけですから

10分ぐらい時間を使っています。

毎日1時間勉強してしまいますと

余暇時間・他のことを勉強する時間・家族との時間などを

有効活用できなくなるので注意が必要です。


■まとめ


今回は介護福祉士の復習をするメリットとデメリットを

書きました。

結論としてテキストを1冊購入して軽く読み

職場・SNSでシェアしてアウトプットすることが

一番いいかもしれませんね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です