仕事で不安なことがあるのなら練習するのみ

こんにちはこじです👍

38記事目になりました。


私は不安障害から予期不安がいつもつきまとってきてしまいます

病気でない方からしたら、そんなに不安になっても仕方がないと

言われてしまいます。


確かにその通りです。

不安障害と適応障害が合併している人なら理解して頂けると

思うのですが、「不安の除去」をそう簡単に消すことは

できません。


不安障害と適応障害があってもどうやって仕事をして

向き合っているか紹介していきます。


不安が強い人や環境に適応できない人に

読んで頂けたら幸いです。


目次

・仕事に没頭する

・継続すること

・まとめ


■仕事に没頭する


入社時は皆さん緊張していますよね

不安が強い方はかなりな緊張感があります。

もうそんな時は

「緊張することを無くすのではなくて緊張してもいい」

と割り切ることがいいですよ。

相手側は緊張していることに不快感を

あまり感じていないことが多いです。


「緊張しているからあなたのこと大嫌い」

言われることはほとんどないですよね。


それでも緊張してしまう方は事前に

「緊張してしまうタイプです」

と伝えることで緊張が緩和されることがあります。


さてここから本題です。

不安な方は失敗することを考えてしまう傾向が

強いです。私もできそうもない先のことを

よく考えてしまい不安で潰れそうになることが

多々あります。


しかし、不安な時こそ行動することにしています。

ここで入社時の不安感で苛まれていた時に

私がどうやって乗り切ってきたことを紹介します。


●人より少し前に出勤して教えてもらう


労働基準法のことは横に置いときます。

私は入社してすぐに仕事を覚えたいタイプです

仕事を速く覚えて安心して仕事をしたいからです


施設介護で働いている私は、利用者さんの名前を

すぐに覚えることができないので、出勤時間前に

部屋をぐるりと回って利用者さんの名前と顔を一致する

ことに必死でした。また利用者さんの座っている座席も

覚えるためにメモ帳に座席位置を書いて覚えていきました

最初は利用者さんの顔と名前が一致しなくて

劣等感になりますが繰り返し覚えていくことにより

1週間も経たないうちに覚えてしまいました。


●軽くサービス残業する


不安なことはできないことから起こっている

ことから発生している場合があります。


もうそんな時は、サービス残業が許されるのなら

優しい職員を見つけて「教えてください」と

伝え仕事を覚えることで不安が消えることも

ありますよ。


■継続すること


心身に支障がないのなら継続して

仕事を覚えていくことです。


当たりまえの話ですが、不安が強い方は

逃げてしまう時があります。

私も逃避傾向があり、よく逃げてきました。


ここで私が直近で逃げてきたことを

書きますね。

実は私はケアマネの筆記試験を合格した後

実務研修のグループワークが嫌になり

休んでしまった経験があります。


その後反省して、事前にケアマネ研修で

話し合いをするテーマをつかんで

職場のケアマネや友人のケアマネに分からないことを

教わってからケアマネ研修を受けて見事に

ケアマネの資格を取得しました。


これを書いている時点で

ケアマネ更新研修があり、同じ方法で分からないことを

事前に勉強することと

人から教わりケアマネ更新研修を乗り切って

います。

継続したことで分からなかったことが

「分かるようになった」

ことが多々あります。まだまだ勉強不足ですが

継続して続けて改善することで不安なことが

消えて自信がうまれますよ。


■まとめ


今回は私の体験談が中心でした

参考になるのなら実行してみてください。


最初はだれもが不安ですから

一歩一歩前に進んでみることで

徐々に不安なことが軽減されることがありますよ

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です