介護職員は新人時代を思い出せ!!

こんにちはこじです👍

26回目になりました。


介護職員で経験を積むと

昔を忘れてしまい新人職員に対して

「こんなこともできないの?」

言ってしまっていませんか?


私も介護歴が長くなってきましたので

新人職員の気持ちを汲み取ることが

中々難しくなってきていることは事実です


新人職員を大切にしない職場は

すぐに人手不足になり

求人を毎回出すことになります

人手不足のが続くことで無理な勤務を強いることで

身体を壊してしまいます。


皆さんにまた初心に回帰して欲しいと思い書きますので

新人職員を教育している方は

参考にして頂けると幸いです。


目次

・人手不足になっている理由

・私の新人時代

・まとめ

■人手不足になっている理由


私は介護業界全体が人手不足になっている

理由は金銭の問題・肉体的疲労よりも

職員間の人間関係にあると思っています。

なぜそんなことが言いきれるかと言いますと

実際に現場で見てきたらです。


人手不足の解消は新人を大切にすることから

初めてみるといいですよ。

そのためには働いているベテラン職員の

我慢する覚悟が必要になります。


仕事を覚えるまでは

「利用者さんの状況を把握できない」

「オムツ交換が上手くできない」

「移乗ができない」

「記録が上手くかけない」


新人にとっては苦難な道がまっています

ここでベテラン職員は新人をフォローするのでなく


「すぐに覚えてよ」

「何回言えば分かるの?」

「私の時はもっと厳しかった」

などの言葉を新人に浴びせ続けると

退職する方向にいくでしょう。

そして無限の人手不足のループにはまってしまいます


■私の介護新人時代

・特別養護老人ホーム


私は介護の専門学校・福祉の大学

ヘルパーの資格なしと全く未経験の立場から

介護業界に転職しました。


自分が心の病になって

「人を助けたい」という気持ちの

一心だけで新人時代を乗り越えてきました。


「車いすのたたみ方が分からない」

「移乗の仕方が全く分からない」

「特浴・中間浴って何だ?」

こんなレベルから入っていきました。


特に入浴方法は苦戦しましたね。

個浴や一般浴はお風呂の入り方は

すぐに分かったのですが

特浴・中間浴はどうやって入浴するのかなあと

別の新人さんとコソコソと会話をしていました。


実際に入浴介助を先輩から教わった時に

イメージがついても1回ではすぐに覚えることが

できませんでした。


近くに先輩職員が見守る中で反復して入浴方法を

覚えていきました。


施設介護ですと利用者さんがたくさんいるので

名前と顔を一致させないと介護できません


●入所者50人・ショート利用10人


利用者さんの部屋と顔を一致させるために

紙にメモをして必死で覚えました


私は心配性なので自宅に帰ってからも

メモをみて利用者さんの名前を覚え

頭の中で顔を思い浮かべていました。


皆さんの新人時代はどうでしたか?

福祉の学校を卒業していますと

介護方法はある程度わかると思いますが

介護を経験していないと

「?????」

こんな感じで仕事に入っていくと思われます。


若い職員は介護をあまりやりたがないのが現実ですので

50代60代70代の他職種の方が

介護業界にやってくることが

更に多くなると予想されます。


もう1回、自身のまっさらな気持ちの新人時代

思い出してみることで新人職員に寄り添って見てください

■まとめ


人手不足・人手不足というフレーズは

他人事のように思わないで自身の会社で

どうやって人手不足を解消すれば

いいのかを考えた方が職員も

快適に働けるようになりますよ。


まずは新人職員を大切にする所から

開始してくださいね。


人手不足が解消すると利用者さんのケアも

充実することは確かですよ。

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です