会話が続かない方必見!利用者さんとの会話を広げる方法

こんにちはこじです👍

今回で18回目になりました。

私の介護歴は15年以上になりますが

人前で話すことや

人と話すことが苦手です。

ではどうやって会話下手な私が利用者さんと

コミュニケーションをとっているか紹介していきます。

会話が続かない人・会話が苦手な人

是非参考にしてくださいね。

目次

・利用者さんの情報を知ること

・スマホを使っている

・居室内を見る

・まとめ

■利用者さんの情報を知ること

まずは大前提として利用者さんのことを知ること

から始めてくださいね。

ここで考えてください。

あなたの趣味や好きなことは何ですか?

私は野球・サッカーが好きでよく

スポーツ観戦をしています。

野球とサッカーに詳しい人から

質問されると、質問された方に

愛着を沸いて、真剣に話すことができ

楽しく会話することができます

このように、自分が好きなことですと会話を広げることは

できますよね。

利用者さんの情報は会社のフェイスシートに

必ず記載されていますから、利用者さんの

生活歴・趣味・好きなことなど何でもいいので

頭にインプットして利用者さんと話すと

会話が弾みますよ。

ベテラン職員の方でもフェイスシートを

保管庫に入れてしまい見ていないなら

もう1回見て利用者さんの情報を

把握して会話してみてくださいね。

■スマホを使っている

今の時代、スマートフォンを活用しない手はないです。

特におすすめなのはグーグルマップや動画です。

●グーグルマップ

利用者さんが住んでいた場所を

頭の中で考えて会話しても話が盛り上がりません。

そんな時にグーグルマップが役に立ちます。

グーグルマップですと利用者さんが住んでいた場所

や近所にまだ店が残っていることなどを

一緒に探すと会話がかなり広がります。

利用者さんは中々、外出できる機会が少なく

近所の神社・お寺

昔、通っていたお店などが現在でもあるかどうかは

分かりません。

グーグルマップを使うと利用者さんも

「ここの場所はよく行った」

「昔は○○でね」等

利用者さんから喜んで話しをしてくれて

会話を広げてくれます。

こちらから話さなくても

「うんうん」と話を聞いているだけでも

利用者さんは楽しそうに会話してくれますから

是非試してみてくださいね。

●動画

歌を一緒に歌うことも

会話の一つですよ

音楽を聴くことはかなり好きな方が

多く、職員も一緒に音楽を聴いて

楽しめます。

YouTubeで昔の歌を検索して

音楽を流すだけで、他の利用者さんが興味を

示して寄ってきてくれます。

施設介護で働いている私は

朝、起床後に利用者さんを集めて

YouTubeを使って一緒に歌を歌っていますよ。

君が代  
丘をこえて

藤山一郎

お富さん

春日八郎

高校三年生 舟木一夫
上を向いて歩こう

坂本九

上記は高齢者が好きな歌です。

一緒に歌ってみると盛り上がりますよ。

■居室内を見る

会話に困った時は、居室内を見渡してみましょう。

家具や置物、食器などが思い出の品物などが多いですよ。

特に家族の写真等が飾られていましたら

会話を広げるチャンスだと思ってください。

私の施設では居室内に持ち込みは

ほぼ何でもあります。

契約時に持ち込みをある程度可能にしていますので

仏壇・冷蔵庫・ラジオ・テレビなどがあります

一緒にテレビを観ながら話すこと

会話を弾ませることができますよ

■まとめ

会話が続かないと嘆いていても

自分自身も楽しくないですし

利用者さんも楽しくはありません。

上記にあげた方法を取り入れると

利用者さんから話をしてくれますので

是非試してみることをお勧めします。

最後に気を付けて欲しいことは

利用者さんでも会話が嫌いで一人でいたい方が

いますから、無理やり話さなくてもいいですよ。

現場からは以上です。

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です