マンツーマン入浴・流れ作業入浴のメリット・デメリットを紹介

こんにちはこじです👍

16回目になりました。

今回は施設入浴での

マンツーマン入浴・流れ作業入浴の

メリット・デメリットを紹介します。

マンツーマン入浴とは

同じ職員が一連の介助をします。

対して流れ作業入浴とは

誘導→着脱→入浴と

複数の職員が入浴介助します

私は特別養護老人ホームでどちらの入浴介助を

経験しましたから体験談から伝えることができます。

この記事を読んで参考にして頂けたら

幸いです。

目次

・マンツーマン入浴メリット・デメリット

・流れ作業入浴のメリット・デメリット

・まとめ

■マンツーマン入浴メリット・デメリット

★メリット

●利用者さんがその日に着たい洋服を選べる

意思疎通ができる利用者さんにとっては

「この洋服を着て過ごしたい」との願望があります。

洋服を一緒に選ぶところからできますので

利用者さんにはとっては嬉しいと感じました。

●同じ職員が関わっていくので信頼関係が築ける

マンツーマン入浴は誘導・着脱・入浴と

1人の職員と関わっていきますので、

複数の職員に利用者さんの裸を見られることなく

入浴できます。

もしもあなたが利用者さんになった時に

全裸を複数の職員に見られてどう感じますか?

私なら1人の職員にしか裸を見せたくないです。

●コミュニケーションが増える

介護の仕事は日々忙しいです。

入浴時にマンツーマン入浴ですと

30分間一緒に過ごすことができ

お話を普段よりすることができます。

日頃困っていることや昔話などを

ゆっくりと話すことができますよ。

★デメリット

最近の施設は介護度が重度化して

医療行為も増えました。

1対1の入浴ですと

「背中を綺麗に洗えない」

「医療ケアがあるので心配」

「移乗ができない」

などあります。

■流れ作業入浴のメリット・デメリット

★メリット

●大勢の利用者さんを入浴できる

既存の施設では動線が非常に長い為に

誘導から始めてしまいますと時間がかかってしまいます

そのため流れ作業(分担式)で入浴した方が

スムーズに入浴できます。

利用者さんというより職員の都合のケアに

なりますが、綺麗ごとも言ってもいられませんので

仕方がないと思います。

●重度の利用者さん

医療行為があり介護度が重い利用者さん

に対してはマンツーマン入浴よりも

複数の職員で入浴介助をした方が

安全に入浴できます

やはり入浴は快適さも大切ですが安全第一だと

思っています。

★デメリット

●落ち着いて入浴できない

落ち着いて入浴できないことが

一番経験して切ないと感じました。

利用者さん側も職員側も猛スピードで

入浴介助をしないといけないですから

誘導する職員・着脱する職員・入浴する職員

が先と後の職員を見てしまい

慌ただしく入浴介助していました。

利用者さんからも

物を入浴しているのではないよ」

と怒られた経験があります。

■まとめ

私はマンツーマン入浴・流れ作業入浴の

どちらも経験してきましたが

施設の方針や利用者さんの体調次第

どちらの入浴方法でも構わないと思っています。

しかし、重度の利用者さんでない場合は

マンツーマン入浴が良いと思われます。

因みに既存施設でもマンツーマン入浴は

できますよ。

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です