世間の皆さんに介護業界を知って欲しい

こんにちはこじです。

15回目になりました。

今回は介護業界ではない人に介護の仕事を知って

もらいたいと思い書くようにしました。

介護の現場は相当待遇が悪いのは

働いている人はよく分かっていますが

実際に働いたことがない人は

排泄介助・移乗介助・入浴介助の辛さは分からないと

思っています。

他の業界も大変な仕事なのは理解しています。

今後益々、高齢化社会に突入していきます。

皆さんのお父さん・お母さんなどを

介護することになった時に

現在80歳~90歳の年齢の高齢者よりも

身長が高く・体重も重く、高齢者人口も増えて

介護の現場は壮絶な状態になることは容易に想像が

つくでしょう。

では介護業界ついて紹介していきます。

目次

・給料が安い

・びっくり夜勤配置

・まとめ

■給料が安い

介護業界の給料は

介護報酬でほぼ成り立っています

公務員みたいに給料が安定していなくて

滅茶苦茶給料が安いです。

管理者でも500万円いかない人達もいます。

特に介護職員の給料は激安です。

社会福祉法人・医療法人で働いている介護職員は

比較的給料がいいのですが、

株式会社・有限会社の介護職員の給料は正直

「安い」です。

株式会社・有限会社の人達に対しての批評ではないので

ご理解ください。

2019年10月に消費税10%に上がった時

介護職員に対して特別処遇改善加算月給8万円アップと

の法案が出た時

かなり期待していたのですが

世間の介護職員のアンケートを

みると上がって2万円・ほとんど給料アップしていない職員

の方か遥かに多いです。

このまま介護職員などに薄月給で働かせてしまいますと

モチベーションが上がらずに質のいい介護ができない

のではないかと懸念しています。

申し訳ないですが、皆さんからもう少し税金を徴収して

介護業界にお金を分配して頂きたいです。

介護業界の主な職員

●経営者・介護支援専門員・社会福祉士・看護師

介護福祉士・管理栄養士・事務員等

■びっくり夜勤配置

私の職場ではないですが

夜勤帯、介護職員1人に対して20人以上の

利用者さんを介護している施設もあります。

1人で20人以上ですよ。

利用者さんがすべて自立しているなら分かりますが

●ターミナルケア(いつ亡くなってもいい状態)

●認知症徘徊

●便いじり

●医療行為あり(経管栄養・吸引)

●転倒・転落に注意

少しあげただけでもこんなにもあります。

まだ他にも食事介助・移乗介助・排泄介助・服薬介助等

まだまだ業務があります。

果たしてこのような夜勤配置で利用者さんを

安心・安全に介護できるでしょうか?

私の親を介護施設に入所させることになった場合

職員が忙しすぎて虐待してしまうのではないかと

すごく心配になってしまいます。

■まとめ

ざっくりですが現状の介護業界について

書いていきました。

暗い記事になってしまいましたが

皆さんの協力次第では介護業界を

明るくすることは可能だと思っています。

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です