介護施設で介護保険外のサービスを活用した体験談1

こんにちはこじです👍

11回目の記事になります。

今回は私が実際に働いてきた介護施設(特別養護老人ホーム)の

インフォーマルサービス(介護保険外サービス)

どんなサービスがあるか紹介していきます。

介護保険施設で働いている人は参考にして頂くとありたいです

●介護保険施設

👇

■介護老人福祉施設 ■介護老人保健施設

■介護医療員 ■介護療養型医療施設

目次

・小学生・中学生の職場体験受け入れ

・ボランティア

・売店・コンビニ

・喫茶店

・まとめ

■小学生・中学生の職場体験受け入れ

●小学生職場体験

小学校4年生がリコーダー演奏を利用者さんの

前で演奏をしました。

子供がくると利用者さんは喜びますね

遠くから演奏を眺めていると

一生懸命に練習して披露している姿に

心をうたれましたよ

●中学生職場体験

中学生の職場体験では

現場側が何をするか考えます

ここで注意です。

身体介護をさせていませんか?

「自立している人なら大丈夫」と

思って中学生にトイレ介助させていませんか?

非常に危険です。

中学生には身体介護は絶対にさせないで下さい。

■折り紙

■カレンダー作り

■お話

■掃除(窓ふき)危険な掃除はさせない

こんな感じで中学生に職場体験を経験して

もらっています。

■ボランティア

・ささえあいボランティア

主に65歳以上の市民が介護施設でボランティア活動をすると

換金できるポイントがもらえる制度。

私の施設は社会福祉協議会と

ささえあいボランティアを提携しています。

まだまだ地域に浸透していなくてボランティアが

集まらない現状です。

掃除・傾聴・レクリエーションを考えています。

・チンドン屋・太鼓・吹奏楽

利用者さんが喜んでくれるのは

上記のボランティアです。

音楽は迫力があり、難聴な利用者さんでも

雰囲気を楽しんでくれています。

■売店・コンビニ

高齢者でない私たちは当たりまえのようにコンビニに

足を運んでいますよね。

利用者さんも

「お菓子を買いたい」

「化粧品を買いたい」

当然ですよね。欲求があるのですから。

仕事時間に何とか時間を作って

コンビニや売店に利用者さんと一緒に

いきましょう。

■喫茶店

以前の職場

職員が準備する喫茶店ではないです。

利用者Aさん

介護度1

認知症がなし

下肢麻痺で車いす


職員・利用者さんにコーヒーや紅茶を

提供してくれます。

私は休憩時間になると

紅茶を準備してくれる利用者さんと

よく会話をしていました。

職員と会話をすることに疲れてしまう

私にとっては利用者さんと

ゆっくりと紅茶を飲みながら会話をすることは

楽しいひと時でした。

この利用者さんとは恋愛・仕事の愚痴・日頃あったこと

などを一緒に笑ってすごく楽しかったです。

2015年から特別養護老人ホームの

入所条件が基本的に介護度3から

になってしまったので

特養では、もう利用者さんが

喫茶店を開いてくれることはないでしょう😢

■まとめ

施設介護は介護保険外サービスが

充実していると利用者さんには

とてもありがたいです。

普段の業務が忙しくても

少し頑張ってインフォーマルサービスを

取り入れてみることで

利用者さんも喜んで頂き、職員もやりがい

をもつことができますよ。

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です