介護の職場で短時間勤務になった結果

こんにちはこじです👍

8回目の記事は介護の仕事で

昼間(早番・日勤・遅番)8時間労働から7時間30分労働

夜勤は朝に30分短くなった結果を紹介します。(施設編です)

利用者さんへのサービスを削減することなくできました

デメリットはほぼなしです。

職場で短時間勤務にしたい方、業務を削減したい方に

参考になったら幸いだと思っています。

目次

・無駄話が減った

・朝の全体の朝礼をやめた

・肉体的・精神的に楽になった

・まとめ

■無駄話が減った

利用者さんへのサービスを減らなさいで、

短時間勤務にした結果、職員同士の無駄話が明らかに

減りました。

特に

朝、出勤してきてすぐに勤務時間におしゃべりをする人

は多くないですか?

あなた自身が夜勤で一生懸命に働いて

夜勤終了時間になっても働かないで

出勤してきた人が無駄話をして

夜勤者に働かせていませんか?

短時間勤務になることによって

職員が働かないと

という意識が働いて

今までおしゃべりしていた職員はすぐに仕事をするように

なりましたよ。

■朝の全体の朝礼をやめた

夜勤者や早番が朝の全体朝礼に出ている

ケースは多いと思います。

私の昔の職場がそうでした。

全体朝礼をやることで

・自分のやり残している仕事を中断する

・朝礼に皆さんが集まるまで待つ

・必要ない情報を聞くことになる

・夜勤者が眠い中、理念を言わされる

結構デメリットが多いですよね。

それではどうすれば情報共有するの?

と思う方も多いと感じます。

PCでネットワーク環境があるのなら

情報共有してしまいましょう。

この記事を見ている方なら分かると

思いますが

SNSで情報共有をもうしているのではないですか?

会社内だけで情報共有できるシステムを構築するだけ

です。

文字だけで伝えきれないことは

口頭で伝えましょう。

■肉体的・精神的に楽になった

30分間だけでも勤務時間を減らせる

ことによって、肉体的にも精神的にも

かなり楽ですよ。

8時間勤務の時に

「後、30分もあるよー」

このように私はよく考えてしまうことが

ありました。

短時間勤務になった時は

「帰っていいの?」

と思うことが度々ありました

仕事は1週間に5日働いている方に

とっては勤務時間をたった30分

減らせることに

よって肉体的疲労は少しですが軽減できますよ。

■まとめ

施設介護で短時間勤務に挑戦できないと

思っている方はまだまだ多いと

思います。

しかし、今やっていることが

果たして

利用者さんに対してサービス還元できるか

考えてみてください。

私は短時間勤務の方が

成果を出しやすいと思っています。

価値観が違って

不快に思ってしまう方がいましたら

ごめんなさい。

それではまた(@^^)/~~~

Follow me!

介護の職場で短時間勤務になった結果” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です