介護職員がペーパーレス化にしようと必死になった

こんにちはこじです!6回目は

記録をペーパーレス化にしようと努力した

過程を書いていきます。

紙に書いてからパソコン入力するという

2重転記をしていて

この余分な時間を削減したくて

ペーパーレス化をしようと考え

戦いました。

紙に記入してからパソコン入力している方が

いましたら参考にして頂けると幸いです。

目次

・ワーカー会議

・できない職員はフォロー

・トップがペーパーレス化を打ち出した

・まとめ

■ワーカー会議

私の現場は60代職員が多いので

パソコンアレルギーの方が多くて

ペーパーレス化の話を出すのがタブーでした。

それでも私はどうしても二重転記していることで

時間がかかってしまい

残業している職員も出ているので

ダイレクトに文章を記入すれば時短できる

この言葉を言うために会議に参加しました。

パソコンアレルギーになっている方ならすぐに

分かると思いますが

皆さんの顔を見た時、顔が引きつって

「できないよ」

「あなたが全部やってよ」

これは想定内でしたが

「文章を紙に書いてからパソコン入力する方が

分かりやすい」と謎の意見も出てきて

かなりびっくりしました。

「まあやってみよう」

と私は半ば強引に皆さんを言いくるめて

ペーパーレス化をやっていくことにしました。

■できない職員はフォロー

パソコンをほとんど触ったことがない

職員にはパソコンができる職員と

一緒に操作方法を学びペーパーレス化

取り組みました。

パソコンができない職員がいると

最初は時間がかかってしまうため

長い文章の時はパソコンができる

職員に代わってパソコンの入力作業をしていました。

人は適応能力が意外とできるので

時間と共にパソコンの操作になれてきて

パソコンができなかった

職員は上達していきました。

しかし、パソコンに挫折してしまい

丸投げしてきた職員もいましたが・・・

■トップがペーパーレス化を打ち出した

私の部署がペーパーレス化に取り組み

始めてからすぐに

会社のトップからペーパーレス化にするように

指示がきました

ペーパーレス化にすることによって

経費削減ができるからです。

ペーパーレス化にはなっていないのですが

排泄表・入浴表・食事表は別々でしたが

1つの表にまとめることもできました

今はケース記録・ケアプラン・行事計画書・

事故報告書・日誌などを

ダイレクトでパソコンに記入しています。

■まとめ

ペーパーレス化にする時はまずは

上司に相談してから会社のトップ

報告してやることが一番の近道です

私の場合は、走ってしまい一つ上の上司にだけ

報告してやってしまいましたが

ペーパーレス化にする風穴をあけることは

少しはできたのではないかと思っています。

結果、職場ではペーパーレス化の取り組み

に成功して残業時間を減らせて

スムーズに記録ができ

利用者さんとの触れ合いが増えましたよ

新しいことを始める時

ベテラン職員と若い職員と意見のぶつかり合い

になることもありますから注意してくださいね。

Follow me!

介護職員がペーパーレス化にしようと必死になった” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です