介護現場で徘徊する利用者さんの対応方法を紹介

目次

・明日の朝に帰りますね

・内線を使う

・粘る

・睡眠薬

事例

利用者さんの名前 Aさん

●80代女性

●歩行していて何度か転倒あり

●認知症

●帰宅願望あり

■明日の朝に帰りますね

20:00 Aさん就寝

21;00 Aさん「家に帰りたい」

と帰宅願望始まる。

Aさんは夜になるとほぼ毎日

中途覚醒してしまいます。

センサーマットが作動

訪室すると端坐位になり歩こうとしています。

皆さんはこのケースはどうしますか?

「もう夜ですから寝ましょうね」

と対応している感じがします。

しかし、Aさんはこの対応方法で

納得しなくて歩き始めてしまいます。

寝る前に精神薬を飲まれているので

一人で歩いてしまいますと転倒して

骨折の危険性大です。

そのため私は、車いすに乗って頂き

ベランダや玄関に出て外が暗いことを

分かって頂き

「明日の朝に帰りましょうね」

「今日は遅いから寝ましょう」

と伝え納得して頂いた時は寝てくれます。

■内線を使う

Aさんは

「家の人呼んできてー」

と興奮してしまい夜間

起きてしまうことがあります。

この場合は家族の人と会うと

落ち着きますが流石に

家族の人を呼ぶことや電話することは

できませんので

他のフロアの職員さんに

内線をして

家族になりきってもらいます

私は仲が良いスタッフが夜勤をしているか

どうか勤務表を眺めて

から内線しますね

家族のふりをしてくれた職員の声を

聞いたAさんは

安心して朝まで寝ることができましたよ。

■粘る

どうしても夜勤帯に寝て頂きたい

と思えば思う程イライラしてしまうので

Aさんを車いすに乗って頂き

食堂で一緒に過ごします。

温かい牛乳を差し上げてから横に一緒にいます。

オムツ交換や体位交換の時は

車いすで一緒に回ります。

介護の現場をあまり知らない方は

他の利用者さんが部屋に入ってくることは

失礼にあたるのではないかと

思われますが

夜勤職員1人で対応した場合

Aさんを放置してしまいますと

転倒の危険性が増します。

申し訳ないですが

徘徊する利用者さんと一緒に

オムツ交換や体位交換などを

一緒に入りますね。

ある程度時間が経つと

Aさんは眠くなり

そのまま朝まで寝てくれました。

■睡眠薬

昼間活動的に動いても

夜に必ず寝て頂けるとは

限りません。

職員や家族の方で

睡眠薬を拒絶する方もいるかも

しれませんが

眠れなくて不穏状態になってしまいますと

ご本人様も辛く、夜勤で働いている職員も

疲弊してしまいます。

どうしても寝ない時は

看護師と相談して医師から

睡眠薬を処方してもらいましょう。

■まとめ

夜勤に徘徊されるとすごく大変ですが

対応方法を間違わなければ

夜勤は乗り切ることはできますよ。

一人で徘徊に対して

悩んでいるのなら

職場の上司に相談して解決していきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です